福岡市南区(大橋)にある整骨院です。頭/肩/腰/膝の痛み、パーソナルトレーニングについてのご相談、承っております。

さくら整骨院

交通事故対応認定整骨院

さくら整骨院専用駐車場有り

健康保険/労災/生活保護/交通事故

整骨院/ジムのご予約はWEB、またはお電話で承っております!092-552-0101[予約受付時間]9:00~13:00/15:00~20:00 ※土曜日は10:00~12:30まで ※WEBは24h対応

  • 整骨院のご予約はコチラ
  • ジムのご予約はコチラ

メディカルパーソナルトレーニングジム・整骨院

さくら整骨院

〒815ー0035
福岡県福岡市南区向野2-12-29

[診療時間]
平曰 9:00~13:00/14:30~20:00
土曜 14:00まで(最終受付 13:30)

休診日/ 曰・祝曰

TEL:092-552-0101
FAX:092-552-0101

スタッフブログ

熱中症対策

こんにちは!パーソナルトレーナーの原田です!

日に日に暑さが増しますね( ;∀;)

明日はさらに暑くなり最高気温は31.6度とのことです!

熱中症指数も厳重警戒となっていますので要注意です!

本日は近年増加しつつある熱中症の危険性とその対策について紹介します

●熱中症の種類と危険度

【Ⅰ度】熱けいれん・熱失神

☑大量の発汗

☑筋肉痛を伴う四肢や腹部の筋肉の硬直およびけいれん

☑めまい

☑一時的な失神

☆なってしまった時の救急処置

涼しい風通しの良い場所に運び、衣服を脱がせて寝かせ、水分とナトリウムを経口補給すれば通常は回復します。

下肢を挙上(心臓より高くする)し、手足を末梢から中心部にかけてマッサージするのも有効です。

市販されている飲料としてOS-1やポカリスウェットがおすすめです!

【Ⅱ度】熱疲労

☑頭痛

☑吐き気

☑倦怠感

☑嘔吐

☑虚脱感

☑集中力や判断力の低下

☆なってしまったときの救急処置

Ⅰ度同様安静と十分な水分とナトリウムの補給。経口摂取が困難な時は点滴が必要となります。

【Ⅲ度】熱射病

自己温度調節機構の破綻により全身臓器に異常をきたした状態

☑38.5度以上の体温上昇

☑応答が鈍い

☑意識がないなどの意識障害

☑けいれん発作

☑言動がおかしい

☆なってしまったときの救急処置

Ⅲ度は死の危険のある緊急事態であり、大至急カラダを冷やしながら医療機関に搬送する必要があります。

いかに早く体温を下げ、意識を回復させるかが予後をさせるため、現場で行う処置が極めて重要になります。

体温を下げるには、全身に水(水分ならなんでも)をかけたり、濡れタオルをあてて扇ぐ方法や

首、脇の下、脚の付け根に氷やアイスパックをあてる方法が効果的です。

また下肢を高くし、マッサージをするのも有効です。

 

●予防策

暑熱環境での体温調節能力には暑熱馴化(暑さへのなれ)が関係しています。

熱中症は急に熱くなった時に発生することが多く、そのような日は運動を軽減し、軽い短時間の運動にとどめ、暑さになれましょう。

汗はカラダから熱を奪って、体温上昇を防いでくれていますが、それに見合った水分補給をしないと脱水になり、体温調節能力や運動機能が低下します。

TSU882_eakonnashi_TP_V

汗からは水と同時に塩分も失われているため、水分補給には0.1~0.2%程度の食塩水が最適です。

疲労の回復状態や体調の把握には、毎朝の体重測定が役に立ちます。

また、運動前後の体重測定で運動により焼失した水分量がわかります。

皮膚からの熱の放出には服装が関係するため、暑いときは軽装で、吸湿性や通気性の良いものにして、炎天下では帽子や手拭いで直射日光を避けましょう!

また、疲労、発熱、感冒様状態、下痢など体調不良時には無理に運動をしないように心がけましょう

 

●熱中症になりやすい人

☑乳幼児

☑高齢者

☑肥満者

☑持病のある方、熱中症になったことのある方

☑運動部の1年生

☑体調が悪い方

●熱中症予防のための運動指針

スポーツ中の熱中症予防として実際にどのレベルの環境でどのように運動をしたらいいかをわかりやすくした指針となります。

あくまで目安なので自分自身のカラダを評価し、対応をしましょう!

気温がさほど高くなくても湿度が高い場合などは原則運動中止とされています。

≪熱中症予防のための運動指針≫

(31度以上)

運動は原則中止

→特別の場合以外は運動は中止する。

 

(28~31度)

厳重警戒(激しい運動は原則中止)

→熱中症の危険が高いので、激しい運動や持久走などの熱負荷の大きい運動は避ける。

 運動をする場合には、積極的に休息をとり水分補給を行う。

 体力の低い人、暑さになれていない人は運動中止。

 

(25度~28度)

警戒(積極的に休息)

→熱中症の危険が増すので、積極的に休息をとり、水分を補給する。

 激しい運動では、30分おきくらいに休息をとる。

 

(21度~25度)

注意(積極的に水分補給)

→熱中症による死亡事故が発生する可能性がある。

 熱中症の特徴に注意するとともに、運動の合間に積極的に水を飲むようにする。

(~21度)

ほぼ安全(適宜に水分補給)

→通常は熱中症の危険は小さいが、適宜水分の補給は必要である。

 市民マラソンなどではこの条件でも熱中症が発生するので注意。

 

明日から連休なので海やキャンプに行く方もいられるかと思います!

熱中症には気を付けて楽しい連休にしましょう!

熱中症対策のコメントを残す

ページ上部へ