福岡市南区(大橋)にある整骨院です。頭/肩/腰/膝の痛み、パーソナルトレーニングについてのご相談、承っております。

さくら整骨院

交通事故対応認定整骨院

さくら整骨院専用駐車場有り

健康保険/労災/生活保護/交通事故

整骨院/ジムのご予約はWEB、またはお電話で承っております!092-552-0101[予約受付時間]9:00~13:00/15:00~20:00 ※土曜日は10:00~12:30まで ※WEBは24h対応

  • 整骨院のご予約はコチラ
  • ジムのご予約はコチラ

メディカルパーソナルトレーニングジム・整骨院

さくら整骨院

〒815ー0035
福岡県福岡市南区向野2-12-29

[診療時間]
平曰 9:00~13:00/14:30~20:00
土曜 14:00まで(最終受付 13:30)

休診日/ 曰・祝曰

TEL:092-552-0101
FAX:092-552-0101

スタッフブログ

【柔らかければそれでいいの?】柔軟性の正しい理解

まずはじめに、カラダが柔らかいということは、身体が前や後ろ、横に大きく曲げることができたり、足を大きく開くことができたりすることです。

お肉がついてぷにぷにの状態をカラダが物理的に柔らかいという状態ではありません。

他の人と比べて前屈や開脚ができないからといって悩む必要はありあせん。

534aa2ab41299d94439e0f4e7ddbaa5d_s

Q.カラダの柔軟性には何が関係している?

A.身体の柔軟性は関節の可動域(関節が動く範囲)と、可動域内で、筋肉と腱をどれだけ伸ばせるかという、筋肉と腱のの伸張性(伸びる力)によって決まります。

 

◎柔軟性が高いメリット

スポーツにおいて柔軟性が高いと不意に起きる衝撃を柔軟に吸収することができ、捻挫や肉離れを防ぐなど怪我の予防になります。

また関節可動域が広いと手足の動きの加速度が加わってスポーツにおいても高いパフォーマンスを発揮することができます。

 

◎可動域が広すぎるデメリット

実は関節の可動域が広すぎても怪我の原因になります。

可動域が広いということは「関節が不安定」だといえます。そのため転倒や衝突の際に限界の可動域を超えて捻挫や骨折を引き起こしてしまいます

 

◎つまり…

柔軟性が高ければ良いというわけではなく、その人に適した柔軟性が必要となります。

理想的なバランスの良い柔軟性を手に入れるためには、バランス良く筋力トレーニングもまじえて安定性を高めていきましょう!

人はそれぞれ骨格が違います、可動域には個人差が現れるので人を基準にして競ったりせずに無理のない範囲でストレッチをしていきましょう!

 

◎最後に・・・

お酢を飲むとカラダが柔らかくなるという話をよくききますが、、、あれは迷信です!

お酢はカラダにいいものですが、決して柔軟性を高めるということはありません。

ストレッチは筋トレと違って地道に毎日行うと効果的です!根気強く頑張っていきましょう(*^^*)

【柔らかければそれでいいの?】柔軟性の正しい理解のコメントを残す

ページ上部へ